AICT国際シンポジウム・オン・アジア

AICT(国際演劇評論家協会)国際シンポジウム・オン・アジア『国際共同制作と批評の役割』 /
AICT International Symposium on Asia "International Collaboration and the Role of Criticism"

多様性に富むアジアを舞台芸術を軸に捉えてみる時、「国際共同制作」という作業を通して考えることが有効ではないか。国境が消滅し、情報は越境し、身体もまた移動する。その一方で、国家間の格差が生まれ、ローカリティは希薄になり、画一化が進む。身体行為はこうした現象を批評できるだろうか。アジア各地で独自に行われている「実験」的な作業、とりわけ国家間を超えた共同作業に注目したい。アジア諸国を中心に世界各地から評論家を招き、具体的な作品・創作の実践の中から現在の舞台芸術の可能性を探る。(使用言語:日英 通訳あり)

【プログラム】2010.11.8更新

11月21日(日) 会場:あうるすぽっと・会議室B(3階)
09:30 - 12:30
講演:「韓国の現代演劇」金 潤哲(韓国芸術総合学校演劇院教授、AICT会長)
シンポジウム:「日本・韓国国際共同制作『焼肉ドラゴン』(鄭 義信 作)をめぐって」
司会:西堂行人 パネリスト:鄭 義信、金 潤哲、金 享起(順天郷大学教授、韓国AICT会長)

14:00 - 15:50
シンポジウム:「東南アジアの現代演劇と演劇交流の可能性」
司会:立木燁子 パネリスト:坂手洋二、竹内一郎、Tang Fu Kuen(評論家、ドラマトゥルク)ほか

16:00 - 17:30
講演:「ベトナム演劇の現在」Lê Hùng(ベトナム青年劇場芸術監督)


11月22日(月) 会場:東京芸術劇場 中会議室

09:30 - 12:30
講演:「中国の現代演劇」張 先(中央戯劇学院教授)
シンポジウム :「中国― 社会制度を超えた演劇共同について―その課題と展望」
司会:瀬戸 宏 パネリスト:張 先、陶 慶梅(中国社会科学院副教授)、方 梓勲(香港中文大学栄誉教授)、平林宣和、ほか

13:30 - 15:20
シンポジウム:「タイの演劇:国際共同制作という起爆剤―『赤鬼』における演劇体験以前・以降のタイ演劇の変化」
司会:扇田昭彦 パネリスト:野田秀樹、Pawit Mahasarinand(チュラーロンコーン大学演劇学科講師)、内田洋一

15:30 - 17:30
講演:「現代インド演劇におけるポストコロニアリティ:融合の試み」Ravi Chaturvedi
シンポジウム:「インドの現代演劇― 伝統と現代― 今後の展望」
司会:永田 靖 パネリスト:Ravi Chaturvedi(マハトマ・ガンディー国際ヒンディー大学演劇映像研究学部教授)、Deepa Punjani(演劇評論家)、田之倉 稔


11月23日(火・祝) 会場:東京芸術劇場 中会議室

09:30 - 12:00
シンポジウム:「アジアのコンテンポラリー・ダンス―その魅力と展望」
司会:立木燁子 パネリスト:Tang Fu Kuen、Deepa Punjani、武藤大祐、坂口勝彦

13:00 - 15:00
シンポジウム:「インドネシアの身体表現」
司会:西堂行人 パネリスト:木村真悟、和栗由紀夫、Ugoran Prasad(作家、劇作家)

15:00 - 16:00
講演:「イランの現代演劇」Katayoun Hosseinzadeh Salmasi(劇作家・評論家)

※ 講演:「イランの現代演劇」は発表者の都合により中止となりました。

11月24日(水) 会場:東京芸術劇場 中会議室

09:30 - 12:30
講演:「同時代演劇における多文化的シェイクスピア」Andrzej Zurowski(ポメラニアン大学教授)
講演:「西洋からの視線─ヨーロッパの演劇評論家の認識」Ian Herbert
総括討議:司会:西堂行人 パネリスト:Ian Herbert(演劇評論家、AICT 名誉会長)、Andrzej Zurowski、Ivan Medenica(ベオグラード大学助教授)、野田学、ほかアジア代表


主催:AICT(国際演劇評論家協会)日本センター 
協力:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
助成:平成22年度「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」(早稲田大学演劇
博物館演劇映像学連携研究拠点学会企画支援事業)
提携:フェスティバル/トーキョー
お問合せ:AICT(国際演劇評論家協会)日本センター 電話:080-5674-9379
Web:http://wwwsoc.nii.ac.jp/aict/ 
Email: asia2010@activist.jp
料金:シンポジウム/講演 各日1,000円・全日通し2,000円

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.activist.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/67

コメントする